仕事の質アップ!パソコンのExcelを究める!

【仕事で使うパソコンスキル】パソコンをマスターして仕事をゲットしよう!

パソコンを仕事で生かせるスキルをマスターしたら仕事をゲットしよう!
あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ!!


【仕事で使うパソコンスキル】まだまだ仕事の効率が上がるExcelスキル!


「会社の出来る人は何であんなにExcelの 作業が速いんだろう・・・」
「Excelって覚える事が多くて大変だ・・・」


そんな風な悩みがあるかもしれません。


この章では、前の章に続き、
よく仕事で使う知っておく と得するショートカットや、
さらに踏み込んだExcelの使い方をお伝えしていきます。


この章の内容を使いこなせるようになる事で、
膨大なExcelの知識の 中から、
実践でより生きるスキルを 選んで身に付ける事が
できるようになります。


そして、余った時間で、
後は、一つずつ、あなたの仕事に沿った
スキルを調べて身に付けていけばいいと思います。



それでは、この章のExcel奥義を
お楽しみ下さい。


仕事でパソコン


【仕事で使うパソコンスキル】Excelの次の奥義!


前の章に引き続き、まずは、仕事でよく使う
ショートカットを御伝えしていきます。


●形式を選択して貼り付けをする
この作業は、Excel作業で本当によく使います。


あるセルをコピーして、
別のセルに貼り付ける場合に使うのですが、


例えば、次の図にあるように、
関数【数値ではなく別のセ ルを計算した結果を入れる)をコピーした場合、

仕事でパソコン


普通に貼り付ける(Ctl+v)と、


仕事でパソコン


図にあるように、エラーに なります。


これは、コピーした時に、
値ではなく、関数を覚えているのが原因です


関数を覚えている場合、貼り付ける場所によって、
参照しているセルが変わり、
エラーになる事があります。



そこで、こんな時は、
「形式を選択して貼り付け」を行います。



コピーした後に、
Ctrlキーを押しながら、Altキーを 押しながら、vを押すと、


仕事でパソコン


形式を選択して貼り付けの画面が 現れます。
ここで、今回は、「値」を 選ぶと、
関数ではなく、値である"852"が貼り付けられます。



ちなみに、ショートカットは、別にもあり、
Altキーを押して、eを押して、sを押 すと、
同じ画面が現れます。


こちらの方がマイナーかっもしれないですが、
私は、このショートカットを使っています。



それは、CtrlキーとAltキーとvボタンが
近く、キーボードによっては、
一度に押すのが少し大変で す。



それに比べて、
Altキー、e、sは、
同時に押す必要がありません。



ある程度の速さであれば、
一つずつ押していけば、
「形式を選択して貼り付け」画面が現れます。



さて、「値」を選んで、
エンターキーを押すと、


仕事でパソコン


エラーにならずに、
数値が貼り付けられている事が分かります。



又、関数の貼り付けは、注意が必要です。
今回のように、エラーになれば間違えている事に気付きますが、
エラーにならず、間違った場所を計算して
たまたま数値が出ている時があります。



つまり、思ったのと違う関数が
貼り付けられている場合が良くあります。



その点で、貼り付けた後は、
上のバーの所にある関数や数値を見て、
正しいか確認する必要があ ります。



●続いた数値の橋まで一気にジャンプする
Excelの作業をしていると、
列も行も一続きの数字の一番端ま で
移動したい時が良くあります。


例えば、1列に続いている数値の
合計をその列の一番下に出したい時などです。



マウスを使ったり、
矢印ボタンを押し続けて、
移動する事もできますが、


ショートカットを使うと
次の図のように、一気に移動する事ができます。

仕事でパソコン


このショートカットは、
Ctrlキーを押しながら、移動したい先 の矢印ボタンを押す


と空白セルや値の続いているセルを飛ばして、移動します。


図の場合ですと、
始めに、Ctrlキーを押しながら、←ボタンを押すと、
左上のセルに移動します。


続いて、Ctrlキーを押しながら、↓ボタンを押すと、
数値の切れ目である24行目まで一気に移 動します。



このショートカットを知っているだけで、
作業数値間の移動が格段に速くなります。



【仕事で使うパソコンスキル】他の便利なショートカットと関数!


● 特定のセルに一気にジャンプするショートカット
このショートカットも、 良く使います。


会 社で扱うデータとなると膨大な データで
ある事があります。


場合によっては、一気に、
A列1万行まで飛びたいという事もあります。



この前にお伝えした、
Ctrlキーを押しながら、矢印キーでは、
値や空白が連続で あれば一気に飛ぶ事ができますが、



間が不連続で ある場合、
一気にジャンプする事ができません。



そこで、特定のセルまでジャンプする
ショートカットを使います。


それは、
Ctrlキーを押しながら、 gを押すです。


そうすると、

仕事でパソコン

ジャ ンプ先のセルを指定できる画面が
現れます。


図の例では、A列11235行を指定するために、
「A11235」と入力してエンターキーを押しますと、


仕事でパソコン

ジャンプしたい所まで一気に
移動
できます。


データの切れ目が分かっているのだけれども、
間が不連続な場合、このショートカットを
使って下さい。



●関数の基本!
こ こでは、仕事で使う事の多い、関 数について
お伝えしていきます。


関数は、データを加工したり計算して、
結果をそのセルに表示するためのものです。



関数は、沢山準備されているので、
必用に応じて、調べて頂ければ、
使えるようになります。


ここでは、基本的な関数を例に
使い方をお伝えしていきたいと思います。


まず、入力方法は、関数というボタンを
使ってもできますが、セルに直接、
関数を入力する
のが速くてお勧めです。


最近のExcelでは、関数の文字を入力して
いくと、候補が表示されますので、
とても速く入力する事ができます。


仕事でパソコン

図にあるように、さらに関 数名の隣には、その関数の説明文も
出てきます。

関数の入力の仕方は、
「=関数」


と入力します。


関数には、例えば、複数のセルの
平均値を出す関数AVERAGEがあります。


この関数を使う場合、
=AVERAGE(


と入力して、利用します。

(の後には、平均を出したい複 数の
セルを選びます



ですから、
「=AVERAGE(」を押した後に、
矢印キーを使って、
一番下のセルまで移動して、


Ctrlキーを押しながら、Shftキーを押しながら、
↑ボタンを押して、セルを選択します。


仕事でパソコン


そして、エンターキーを押すと、
選択した範囲の平均値が出ます。

仕事でパソコン



平均値の他にも色々ありますが、
例えば、合計を出したい場合は、
=SUM(

と入力して、合計を出したい範囲の
セルを選択すると合計値が 出ます。



ちなみに、ローマ字は、大文字でも
小文字でも大丈夫です。


又、続いて次の章で
数ある関数の中でも知ってお いた
が良い関数
をお伝えする事で、



必用に応じて自分で調べながら、
進める事ができるようにしましょう。




【仕事で使うパソコンスキル】いますぐExcelで試してみよう!


この章でお伝えしたExcel のスキルも、
どれも、どんな仕事でも生かす事のできるものです。


形式を選択して貼り付けの方法は、
知らないだけで、それだけで時間がかかってしまいます。


あらゆる所にジャンプす るショートカットも、
使えると本当に処理速度がアップします。



Excelを使う目的が、会計であったり、
社内ドキュメント、システムの数値、
どんなものであっても、



お客様からの問い合わせ時等、
スピードを要求される事は、良くあります。



この章のスキルも、
まずは、説明を見ながら一つずつ実際に、
Excelで試してみ て下さい。



何度か試す内に、
自分のものになってきます。



そして、何日か使っている内に、
仕事でも自然と使 えるようになります。



是非、楽しみながら練習してみて下さい。


>>関数等!Excel奥義3



【仕事で使うパソコンスキル】パソコンをマスターして仕事をゲットしよう!

パソコンを仕事で生かせるスキルをマスターしたら仕事をゲットしよう!
あなたに合った派遣求人ならマイナビスタッフ!!